未分類

シーツの波間でみる夢みたいな【2巻】ネタバレと感想!

シーツの波間でみる夢みたいな【2巻】のネタバレです。

1巻では、日本語が話せず困っている男性と出会い、彼に誘われるがまま買い物に同行したり、食事をしたりします。

その後、彼のホテルに行き、言葉も通じないまま、セックスを始め、優しく愛撫され、自身で彼を中に入れる所で終ります

ニ巻では、騎乗位で腰を振る所から始まります。

 

あらすじ:恋人でもないのに、優しいセックス

彼の上に乗り、彼は下から突いてきます。

 

久しぶりのセックスに体をよじらせて感じてしまいます。彼は優しく抱きかかえて、そして突き上げます。

 

彼女の唇に人指し指で触れ、それを自身の唇に沿わせます。

 

恐らくキスをして、と言う事だと解釈し、軽くキスをします。

 

彼は自身から再度キスをして、体を起き上がらせます。

 

彼女の乳首に優しくキスをします。勃起した乳首に舌を這わせながら、彼女の顔を伺います。見られながら乳首を刺激され、彼女は体を仰け反らせます。

 

名前も知らない相手に優しく包まれ、体で感じてしまいます。

彼女も同じ様に…。

ゆさゆさ体を合わせ、彼が彼女を押し倒します。ふと、彼の汗が滴っている事に気付きます。汗だくになるまで頑張ってくれている事に愛おしさを感じます。

 

次は彼女が彼に、同じ様にキスをおねだります。やってみたものの恥ずかしさで赤面してしまう彼女です。

 

照れている女性を見て、彼も顔を赤らめながら、彼女の頭を抱きキスをします。

 

彼の反応が嬉しくて思わず、声が漏れます。

 

名前も知らないし、言葉も通じないのに、なんでして欲しい事が分かるんだろうと思ってしまいます。

彼は彼女の耳元で囁きます。

 

なんて言ったのか、分からないけど、彼は優しく微笑みます。

 

彼の正体は・・・?

 

翌日、起きると彼の姿はありませんでした。大きなショックはありませんでした。きっと無理やりなセックスではなく、心地のいいセックスだったからでしょう。

 

一枚のメモに記載された文字、何て書いてあるのかも分からず、しかし、その意味を調べる事もしないまま三か月が過ぎました。

 

女性は一人の部屋に帰宅し、缶ビールを開けました。

 

TVを付けるとそこに映っていたのは、一夜を共にした彼でした。彼は人気韓国アイドルとして紹介され、日本語で話していました。

 

「最後に言った僕の気持ち 君にちゃんと届いたかな。」

メモには“あいしている”と書いてあったのです。

 

思わず、ビールを口から出してしまいました。

 

同じ事の繰り返し

その日も同じ様に、郵便局での仕事が終りました。

 

更衣室で着替えようとし、スマホを確認します。そこには半年間付き合った彼から、別れのメッセージがありました。

 

追う事もせず、最後に会う事もなく、別れを承諾します。

 

女性の日々は毎日同じ事の繰り返し。

 

ボーナスで買ったコートも特段気に入っている訳ではありません。自分には何もないなと嫌でも感じてしまいます。

 

雨が降ってきて、傘を買おうか悩みます。

 

そこに大きな音が聞こえました。

普段の生活では関わる事のない男性が!!

目をやると顔に傷を付けた男性が雨の中ずぶぬれで座り込んでいました。

 

慌てて処置をしようとかとおもいましたが、自分がする事でもないかなと躊躇します。

結局そのまま放置する事も出来ずに声をかけると、ギロっと睨まれてしまう始末です。

 

ハンカチや絆創膏を差し出し、せめて傷に貼ってと渡します。男性には似つかわしくない、クマの絆創膏に思わず男性も噴き出してしまいます。

 

男性は女性の腕を掴んで「雨やむまで付き合ってよ。」と誘います。

 

服を脱ぐのもそこそこに舌を絡ませキスをします。傷の心配をする女性ですが、男性は忘れていたと女性を抱えて再度キスをします。

 

そのままベッドまで運ぶと服を脱ぎ、ピアスを外します。

女性よりも年下の男性は、悪戯そうに女性を誘います。

 

感想・考察:意地悪な男の子とのセックス

女性よりも年下の男性に誘われるがまま、ベッドの上で二人はセックスを始めるのでしょう。

毎日同じことの繰り返しを暮らしている女性にとってはかなりインパクトの強い出来事です。

 

きっとセックスも女性よりも経験豊富な年下男性がリードしながら進んでいくと思います。今まで体験したことのない様な体位や愛撫に体をよじらせてしまうでしょう。

 

今までの彼氏とタイプの違う男性とのセックスに、メスの悦びを感じてしまうのではないでしょうか。

 

日々同じ事の経験値の中には無かった事を体験して、彼女は大きな変化を遂げてしまうかもしれません。

慣れないワンナイトに

慣れない、彼氏でもない人とのセックスに、自身の毎日について考えてしまうのではないでしょうか。

 

このままの生き方でいいのか、自分が本当に欲しい物は何なのか。

 

この出来事が大きく考え方を変えるきっかけになるのかなと想像します。きっと男性は二度と会う事も無いでしょう。

 

それでも、この男性を心のどこかで追ってしまうのかもしれません。